自動車の運転サポート機能に関して思うこと

2016-08-24_135656

前の車との距離が縮まり過ぎたときに自動でブレーキをかける装置、車線を逸脱したときに警告を与えてくれる装置、死角をカメラでモニターに映し出して安全を確認できる装置などなど、最新の車には安全運転に貢献したり、事故の発生を防ぐ装置がいろいろと装着されています。

先日私は車を買い換えたのですが、その話をしたときある人が言いました。「え?自動ブレーキついていないの?今更そんな車怖くて乗れなくない?私の車には自動ブレーキはもちろん、いろんな安全サポート機能がついているから絶対安心だけれどね」と。

何か違和感を感じる発言でした。言っていることは分からなくはないし正論だと言ってもいいかもしれませんが、最後の「絶対安心」というところに不安を感じました。様々な安全装備というのは、あくまでドライバーをサポートする機能に過ぎず、それらが装備されているからと言って絶対安心などという言葉は使うべきではないと思うのです。機械を過信して、本来運転する上で一番大切であるはずの「ドライバー自身の危機意識」がおろそかになるというのは、安全サポート機能とは全く別の次元の話であり、それはあってはならないことなのです。「絶対安心」という言葉を平然と使ったその人の言葉の真意を聞いてみたかったです。

アメリカで自動運転中の車が死亡事故を起こし問題になっていることはご存かもしれませんが、その人はそのニュースをどう受け止めたのでしょうね。「自動運転」と「安全サポート機能は違う」などと楽観的に考えてくれていなければ良いのですが・・・。

「安全サポート装備は怠惰な運転を助ける装備ではない、あくまで従来と同じ気を配った運転に対してさらにサポートする装備である」。と販売する側もきちっと明言したほうがよいのかなと思わせる一件でした。

初めてのレンタカードライブの目的地は福岡だった

2016-08-24_135408

レンタカーで福岡県まで足を伸ばしたときのことは、初めての経験ばかりで緊張しましたが楽しくもありました。

借りた車はパッソという名前が付けられていて、これは働いている職場の社用車と全く同じものです。運転しやすいことを知っていますし、何より使い慣れている車なので自動車事故を起こしにくいと思いました。一人きりで福岡県まで向かうときに選ぶレンタカーが始めて運転する車種であれば、おっかなびっくりの状態が続いて疲労が溜まりトラブルを起こすのは目に見えていたからです。

レンタカーを借りる前日には9時間の睡眠を確保しましたから、走り出しは順調に行うことができました。地元の有料道路から中国自動車道に合流した瞬間は、何かしらの壮大なたびが始まるような気分になってハイテンションになりました。

しかしながら、中国自動車道は基本的に複数の車線が設けられているとはいえ安全運転を心がけないと大変なことになります。景色のほとんどで山が見えますから単調さに眠気が誘われますし、ついついスピードを出してしまいそうな区間が続くからです。高まる気持ちを抑制しつつも、移動を存分に楽しみながら福岡県を目指しました。

レンタカーはガソリン燃料で動きますから、当然のことながら途中で給油の必要性が生じます。山口県に差し掛かったあたりのサービスエリアにガソリンスタンドが併設されていたので、立ち寄ってレギュラーガソリンを満タン補給することになります。それと同時にフードコートでご当地グルメを楽しんだ結果として、ドライブの傍らで食べる料理は格別だと思いました。

その後は1時間ごとに休憩しながら山口県下関市の関門海峡を渡り福岡県に入りました。レンタカーで博多など有名な場所へ向かってからは、目当てだったラーメン屋さんに立ち寄り満腹になりました。帰りも中国自動車道を通ったのですが、夜間は真っ暗闇の箇所が多くて怖かったです。それでも何とか無事に帰れました。

イメージが変わったメルセデスベンツ新型Cクラス

私は昔から車が好きで、外車ではBMWに乗り続けて来ました。それは、運転する楽しさがあるのはもちろんですが、他の外車と比べて悪いイメージが少ないことも要因でした。しかし今は、メルセデスベンツの新型Cクラスに乗っています。それは、世間のイメージと違い、メルセデスベンツが本気で車作りに取り組んでいることがわかったからです。

2016-07-18_101029

実際に新型Cクラスを運転してみるとわかりますが、エアサスペンションが装備されたグレードでの、コンフォートモードでの乗り心地は、どこのメーカーにも負けないほどの乗り心地の良さです。また、スポーツモードにすれば、BMWに似た乗り心地を体感できます。さらに、内装の質感が素晴らしく、車内は快適なインテリアに包まれたような感じです。

それに加えて、時速200キロの事故にも耐えられる頑丈なドアや、ディストロニック・プラスに代表される半自動運転機能、果ては違和感のないアイドリング・ストップまで、安全性や先進性もサポートされています。

昨年、輸入車販売NO1になった実績からもその素晴しさはわかりますが、世間のイメージが良ければ、もっと売れても良い車だと思います。メルセデスマガジンによれば、上野社長は世間のイメージを、成功した人が乗る車では無く、誰でも乗る大衆車に近い存在にしたいと書いています。

ここ数年の様々なモデルの投入は、それを少しでも早く実現するための方策ではないかと感じます。メルセデスベンツが、もっと身近なブランドになってくれることを望みます。

外車買取査定UP! 知らねば損する輸入車を高く売る方法

マイルドヤンキー寄りのデザインって最悪じゃない!?

最近の日本車のデザインなんですがマイルドヤンキーとかオラオラ系の人やEXILE風の人たちに迎合するようなデザインが多く、バカっぽく見えます。とくに顕著なのはミニバンでヴェルファイア・アルファード・オデッセイ・ヴォクシー・エルグランド・ステップワゴン(少し古めの型式)とかかっこ悪すぎます。(日本車に限らずそんな感じの人の中でもお金がある人が持っているカイエンとかレクサスRCとかもかっこ悪い)

それから軽のハイトワゴン系で定番のワゴンR、N-BOXカスタムとかもそんな感じです。いくら若者に車が売れないからって、自動車メーカー各社もその人たちに媚びって迎合する必要あるのですか?

2016-07-18_100259

とくにトヨタのミニバンに関してはデザインが他社よりも酷すぎます。ヴォクシーとアルファードとヴェルファイアのことを言っているんですよ。かしこい人はまだイメージの良いエスティマを買います。先に述べた3車種に関しては目も当てられないほどの駄作デザインです。エスティマがフルモデルチェンジを10年せず販売されているのはこういう理由があるのではないかと思います。

顔をいかつくしてエアロを大きくし、ピッカピカの社外アルミホイールで変なマフラーつけて後席にでっかいモニターをつけステアリングになんか変なの巻いて・・・想像するだけで同じ日本人として軽蔑し、センスの欠片もない堕落しきった愚民を忌嫌います。こういう人を大量に生みだした社会に嫌気もしますが、この人たちを商売の糧にする企業にも問題があると思います。

古くても愛着のある車ミラジーノ

2016-07-12_131147

今乗っている車はミラジーノです。外装はヘッドライトやフォグランプがついていて銀メッキがおしゃれでクラシックなスタイルにひかれてわざわざ中古で探して購入しました。

それまでの軽自動車に比べては比較的広いほうで内装もしっかりしていましたし、4ATでタンク容量も大きく、軽のわりによく走るところが気に入っていました。それから結婚して子供が産まれてからは、主人が車をちょうど手放したこともあって、今はこのジーノに子供を乗せて走っています。

それが、今どきの軽ワゴンに比べたら小さくて狭く感じてきたことは事実です。また、シートも流行りのソファタイプではないので、中央をまたがないといけないこともあり、子育て中のファミリーとしては、若干不便を感じることが多くなってきました。独身の頃に購入した車なので、それはいた仕方ないところなのですが、主人には毎回文句を言われてしまう始末です。

しかし先日、ショッピングセンターで車を降りたところ、20代くらいの女性が、声をかけにきたことがありました。この車が可愛いので乗りたくて欲しいらしいのですが、もう年式が古くてなかなか売っていないとのことでした。

ちょっと驚きと、嬉しい話でした。少し主人も驚いて、この車がまだ好きな人っているんだという印象でした。

いまは子育て世代にワゴン系などがはやっているので、小さい車は人気がないかもしれませんが、古くても少し前に流行ったクラシックタイプの車って良いものです。ノスタルジックでおしゃれだと思います。

私にとってはたとえ古くても、ジーノはとても愛着がある車なので、乗れるまでギリギリは乗っていたいと思っています。

トヨタのハリアーに乗りたいと思っていたら

我が家は私と夫、小さい子ども2人の4人家族です。ファミリーカーとして活躍しているのは、ワゴンRで今のところ遠出もしないので、これで十分だとは思っているのですが、私の理想としてはもっといかつい、かっこいい車に乗りたいなと思ってしまいます。

そして私の理想の車を見つけたのですが、それはトヨタのハリアーでした。
ちょっとやんちゃなような感じで、私が好みの車です。私達夫婦は運転がうまくないですし、私はどちらかというと地味な女性なので、ハリアーというイメージはないと思いますが、だからこそギャップのような感じなのか、ない物に対する憧れなのか良いなあと思いました。

2016-07-02_143047

しかしネックになっているのは、やはり値段です。新車で350万円程度はかかると思うと、年収500万円の夫のお給料で生活している家庭からすると、車にお金をかけすぎです。そこまで車にお金をかけるなら、どんどんかかっていく子ども費のために貯金をしたいと思う現実主義なので、ハリアーは憧れどまりになっています。夫も私と同じ考え方で、車に全くこだわりがなく、ワゴンRでも買い替えなど言いだしませんし、そういった意味ではこだわりのある男性よりは楽かなと思っています。

そんな風に納得していたのですが、弟がハリアーを買うことになりました。弟は独身で実家暮らしでお給料の全てを自分のために使っているので、ハリアーを買うこともできます。予約してもうすぐ納車されるという段階にきているのですが、若干悔しいようなうらやましいような感じがしています。納車されたらドライブに連れていってほしい、運転もしてみたいと思いますが、運転は私が下手なのを知っているから絶対にさせてくれないと思います。

ドライブは彼女としそうです。

年収は夫よりも低いですし、もう少し先で彼女と結婚をするようなので、その350万円を残しておいたら良いのにと思ってしまいますが、独身ですしまだまだ20代なので、自分の好きなことにお金を使うのも良いかなと思います。若干、嫉妬はしています。

日産のニスモロードカーについて

みなさんはじめまして。みなさんは車は大好きでしょうか?

私は色んな車に乗ってきました。
スバルのインプレッサやランエボやGTRなどやクーペの車や色んな車に乗って走り屋手入れをしてメンテナンスも全般にしていて本当に車の魅力は人一倍に詳しいつもりですが、私は結婚をきにしてこのような車に乗ることをやめ子供も産まれたので、維持費のこともかんがえて、軽自動車にのっていました。

しかしながら5人が最低条件で、そのくらいの車で仕様家庭においてなかなか自分の好みの車がなかったのですよね。なぜならば車のなかでもスポーツ的な要素は捨てたくなかった気持ちがあったのですが、あまりに乗り心地のわるい移住性の悪い車を選ぶことはできませんでしたから、子供のチャイルドシートも載せてそれらの事も考えるとハッチバックのコンパクトカーにすることにしましたが、モータースポーツの大好きな私はできるだけ外見のモデル的な要素を捨てることはできなかったのでかなり悩みました。

その結果ニスモのロードカーの存在を知りました。今現在はノートニスモやマーチニスモやジュークニスモやZニスモなど数多くの車種があるのですが、コンパクトでオートマチックであるマーチニスモにしました。

2016-06-14_110155

これが正解で本当に足回りやボディーの剛性感や空力はすーぱーGT をたたかっているGTRの空力でダウンフォースがかなり効いて安定感があるのですよね。特に高速道路を走っていて80キロを超えるとかなり感じることができますよね。タイヤもポテンザの205のRE11をはいています。本当に全般的なバランスも完璧ないい車に出会いました。