イメージが変わったメルセデスベンツ新型Cクラス

私は昔から車が好きで、外車ではBMWに乗り続けて来ました。それは、運転する楽しさがあるのはもちろんですが、他の外車と比べて悪いイメージが少ないことも要因でした。しかし今は、メルセデスベンツの新型Cクラスに乗っています。それは、世間のイメージと違い、メルセデスベンツが本気で車作りに取り組んでいることがわかったからです。

2016-07-18_101029

実際に新型Cクラスを運転してみるとわかりますが、エアサスペンションが装備されたグレードでの、コンフォートモードでの乗り心地は、どこのメーカーにも負けないほどの乗り心地の良さです。また、スポーツモードにすれば、BMWに似た乗り心地を体感できます。さらに、内装の質感が素晴らしく、車内は快適なインテリアに包まれたような感じです。

それに加えて、時速200キロの事故にも耐えられる頑丈なドアや、ディストロニック・プラスに代表される半自動運転機能、果ては違和感のないアイドリング・ストップまで、安全性や先進性もサポートされています。

昨年、輸入車販売NO1になった実績からもその素晴しさはわかりますが、世間のイメージが良ければ、もっと売れても良い車だと思います。メルセデスマガジンによれば、上野社長は世間のイメージを、成功した人が乗る車では無く、誰でも乗る大衆車に近い存在にしたいと書いています。

ここ数年の様々なモデルの投入は、それを少しでも早く実現するための方策ではないかと感じます。メルセデスベンツが、もっと身近なブランドになってくれることを望みます。

マイルドヤンキー寄りのデザインって最悪じゃない!?

最近の日本車のデザインなんですがマイルドヤンキーとかオラオラ系の人やEXILE風の人たちに迎合するようなデザインが多く、バカっぽく見えます。とくに顕著なのはミニバンでヴェルファイア・アルファード・オデッセイ・ヴォクシー・エルグランド・ステップワゴン(少し古めの型式)とかかっこ悪すぎます。(日本車に限らずそんな感じの人の中でもお金がある人が持っているカイエンとかレクサスRCとかもかっこ悪い)

それから軽のハイトワゴン系で定番のワゴンR、N-BOXカスタムとかもそんな感じです。いくら若者に車が売れないからって、自動車メーカー各社もその人たちに媚びって迎合する必要あるのですか?

2016-07-18_100259

とくにトヨタのミニバンに関してはデザインが他社よりも酷すぎます。ヴォクシーとアルファードとヴェルファイアのことを言っているんですよ。かしこい人はまだイメージの良いエスティマを買います。先に述べた3車種に関しては目も当てられないほどの駄作デザインです。エスティマがフルモデルチェンジを10年せず販売されているのはこういう理由があるのではないかと思います。

顔をいかつくしてエアロを大きくし、ピッカピカの社外アルミホイールで変なマフラーつけて後席にでっかいモニターをつけステアリングになんか変なの巻いて・・・想像するだけで同じ日本人として軽蔑し、センスの欠片もない堕落しきった愚民を忌嫌います。こういう人を大量に生みだした社会に嫌気もしますが、この人たちを商売の糧にする企業にも問題があると思います。

古くても愛着のある車ミラジーノ

2016-07-12_131147

今乗っている車はミラジーノです。外装はヘッドライトやフォグランプがついていて銀メッキがおしゃれでクラシックなスタイルにひかれてわざわざ中古で探して購入しました。

それまでの軽自動車に比べては比較的広いほうで内装もしっかりしていましたし、4ATでタンク容量も大きく、軽のわりによく走るところが気に入っていました。それから結婚して子供が産まれてからは、主人が車をちょうど手放したこともあって、今はこのジーノに子供を乗せて走っています。

それが、今どきの軽ワゴンに比べたら小さくて狭く感じてきたことは事実です。また、シートも流行りのソファタイプではないので、中央をまたがないといけないこともあり、子育て中のファミリーとしては、若干不便を感じることが多くなってきました。独身の頃に購入した車なので、それはいた仕方ないところなのですが、主人には毎回文句を言われてしまう始末です。

しかし先日、ショッピングセンターで車を降りたところ、20代くらいの女性が、声をかけにきたことがありました。この車が可愛いので乗りたくて欲しいらしいのですが、もう年式が古くてなかなか売っていないとのことでした。

ちょっと驚きと、嬉しい話でした。少し主人も驚いて、この車がまだ好きな人っているんだという印象でした。

いまは子育て世代にワゴン系などがはやっているので、小さい車は人気がないかもしれませんが、古くても少し前に流行ったクラシックタイプの車って良いものです。ノスタルジックでおしゃれだと思います。

私にとってはたとえ古くても、ジーノはとても愛着がある車なので、乗れるまでギリギリは乗っていたいと思っています。