メニエールは働き盛りの男性に多い悩み

働き盛りの男性を悩ませる病気の一つにメニエールがあげられます。全く健康に見えますし、特に悪い所があって、直ぐに治療を開始しなければいけない、というような病気らしい病気ではないのですが、眩暈や耳鳴りなど、本人には辛い症状が現れます。もっと働いて痛いのに、という本人の想いと思うままに動かない体にイライラが募り、余計に症状を悪化させてしまいがちな悪循環のパターンにならないように心がけましょう。

体と心は綿密に関係しています。ストレスをためすぎますと、体にも症状として現れます。それは、メニエールだったり、胃酸過多であったりと人それぞれですが、男性は女性よりも我慢しやすい生き方をしている、と言われています。

我慢せずに、ストレスを小出しにして解決していく事を普段から心がけましょう。ストレスをためて、爆発させるのは、とても悪い結果を残します。日ごろから、ストレスは小出しにして、解決していく手段を見に付けましょう。
それは、愚痴を言う、という事から始めても良いのです。愚痴を言わないかっこよい男は、意外にも、ストレスをためて、大きな病につながることもあるのです。

腰痛も、働き盛りの男性に多い悩みの一つです。腰痛と言いましても、椎間板ヘルニア、いわゆるぎっくり腰、等様々なパターンがあります。そして、腰痛の半数以上が、原因不明だと言われているのです。検査をして、どこも悪い所が見つからないけれども、痛い、という感覚が治らない、これが原因不明の腰痛です。腰痛のために、十年以上、一日三食痛み止めを飲んでいる男性も居られます。胃を傷めないように、胃粘膜を保護する薬と一緒に服用できるように、医師から処方してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です