車の不具合によってトラブルを回避できる方法を学びました

朝子供と一緒にお出かけをしました。最初子供のテーマパークにいって遊び車は駐車場に止めていました。そして時間がたってから車のエンジンをかけてほかのお店にいき駐車場に止めようとしていたとき、何かのランプがついていました。私は車の点検や消耗品の交換についてはしていたので全然問題はなかったと思っていたのですがランプがついていたので正直あせりました。まず何のランプが点灯しているのかがわかりませんでした。

小さい子供も一緒に乗っていてたまたま寝ていたことで考える時間はあったのですがそこで思い出したのが車のボックスに入っていた車の説明書でした。焦って少しパニックになっていたのですがなんとかページをめくってようやくなにの点灯なのかがわかりました。そしてそれがエンジン警告灯でした。そこには注意することが書いていて何か危険だからすぐに点検にだしてくださいと言っていました。余計にその文章をみてパニックになってしまいました。

どうしたらいいのかわからずに困りましたが保険会社のサポート電話があることを思いでしてすぐに電話をしました。そしたらすぐに電話にでてくださり煙りはでていませんか変な音はでていませんかと言ってくださいました。そして一度車のメーカーに問い合わせてどうしたらいいのか確認したほうがいいといわれました。なのですぐにメーカーにきいて連絡をとりました。

車を運転してもいいということだったので運転をしてすぐに近くのメーカーにいきました。無事に修理もでき安心しましたが次におこらなければいいですがトラブルがおきたことによってトラブル回避についても学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です