私がフォルクスワーゲン・ゴルフを選んだ理由

以前はマツダのアテンザに乗っていたのですが、そろそろ7年落ちにもなり、エンジンの調子もちょっと悪くなってきたいたので、全面メンテナンスするよりは買い替えようということになりました。しかし、じゃあ何に乗り換えるか、という時に、はたと困りました。

「日本車で乗りたい車がない」のです。

日本車のデザインは、プリウスのようにあんまり好きではないくさび型か、ガンダムっぽいいかつい顔か、ファミリー向けワンボックスくらいしかありません。唯一違ったのがレクサス的な高級車でしたが、何だかおじさんが乗りそうな感じで(十分自分もおじさんではありましたが)ちょっと敬遠したい感じでした。

うちのライフスタイルは、夫婦2人でどこかに出かけるのが用途で、デザインとブランドイメージとしては、良いものを買って長く使う、というものです。ですので、時計にしろ、家具にしろ、結局は海外のものを買って、家具などは結婚以来30年近く使っています(それでも全くへたっていません)。ですので、車もそれと同様の選択方針にしたいのですが、先に書いたように日本の車ではそういうイメージや、デザインコンセプトや、ブランドイメージに合うものがないのです。

そこで、輸入車にしようということになりました。候補に挙がったのは、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ルノー・ルーテシア、プジョー、ボルボV40などでした。メルセデス・ベンツのAクラスは何だか「外車のフィット」みたいなので外しました。

これらの候補に1台1台ディーラーを訪問して試乗したところ、一番エンジンにパワーがあって、その加速性能に驚いたのが、フォルクスワーゲン・ゴルフでした。アクセルをつい踏み込みすぎてしまったときに感じた「G」に病みつきになりました。内装も、ドイツの大衆車らしい実直な感じで好感が持てました(あまりラグジュアリーなものも好きではないので)。それで最終的にゴルフを購入し、今乗って3年になりますが、いまだに飽きることはありません。”

またいつか乗りたい車 日産ラシーン

私が免許を習得して初めて自分で買った車は日産ラシーンでした。

18歳だった私はまだそんなに給料も高くなく、新車なんて当然買えなくて中古車情報紙を毎日眺めてはどんな車に乗ろうかと思案していました。そんな時に情報誌に載っていたラシーンに一目惚れ!知り合いの中古車屋さんに駆け込み「おじちゃん!この車に決めた!色はなんでもいいからミッション車を探して!」と息巻いて言い「女の子なのにミッション車乗るの?オートマの方が数が多いから時間かかるかもよ」と言う中古車屋さんに、絶対ミッション!と注文を出しいい車が出てくるのを待ちました。

1ヶ月くらい待ち中古車屋さんから、青のラシーン手に入ったよ。ミッション車!との連絡を受け、意気揚々とお店に向かいました。向かう途中の母の車の中では青のラシーンの話題でもちきり。ワクワクしながら店に行くと、私が想像していたのと同じ!カクカクで超かわいい!慣らし運転をしてみてそのまま乗って帰りました。

私の同級生は女の子は女の子ぽい車に皆乗っていたので、なんで四駆?とかなんでミッション?など色々言われましたが、私は丸っこい車よりカクカクの車で何より運転が好きだったのでミッションは大変気に入って居ました。

あれから13年ほど経ち、もうラシーンは居ません。様々な事情で今はサーモンピンクのダイハツミラココアに乗っています。今はオートマです。

街を走っているとたまにラシーンを見かけます。青春を一緒に過ごしたラシーンを思い出し、懐かしい気持ちとまたいつかラシーンに乗りたいなという気持ちになります。

安い車で今では入手が難しいかもしれませんが、私にとっては最高にかっこいい憧れの車です。

これからの車社会と運転操作の関係ついて

今後の車社会は、数年で燃料面と運転操作等の変化に大きな動きあります。燃料面は、ガソリン車からガソリン+電気、100%電気(蓄電)、水素、その他等へ変わる始める。これらは、地球への優しい環境重視である方向へ進み、効率的な内容へ移行する。これは、時代の宿命であると考えます。しかし、車の移動距離の最低範囲は、600km(充電や給油)内であることが、必要であると考えます。更に、その組織と店舗が、全国に展開されることも共に必要です。

又、自動操縦への車も大きく展開されますが、その面は、コンピューター搭載後、かなり変化、進歩している点が、各車メーカー同士でも進化移行へ進むことは、間違いないと考えますが、現実は、まだまだ人間の手足と目での操作で車を操作することです。あくまでも補助的な目的なのか、完全に車のコンピューター操作で動くことを目的にすること重点する考え方へ、大きく傾き始めている。

その理由は、ここ数年に運転士の操作ミスや前方の不注意での事故が、多発しております。更に、高速道路での逆走やスピードでの事故を減少させる為に、これらの操作方法も必要です。そのような状況は、高齢者の運転(敏感な動作減、足首動作の低下)と認知者の運転行為を早期に探し、事故減少すること重要であるし、加害者の責任が、どんどん大きくなりますので、機械で人間のミスをなくすためにも更なる進化をお願いします。この狭い日本で、慌てず、自己本位なく、すずりの精神で行ける運転士の心構えを持ちたいです。

新型パッソモーダ 自分なりのカスタムで個性的に

よくみかけるようになった新型のパッソ。ちょうど小ぶりの普通車で、形も大きすぎず小さすぎず、パッソは以前もみたことがあると思ってあまり見向きもしていなかったのですが先日パッソのモーダというグレードをみたとき、衝撃が走りました。

ツートンに至っては少しミニに似たようなスタイルで、とても可愛かったのです。いうなればキャストを普通車にしたような形状なのですが、もともとダイハツが開発した車なので、当然のことながら内装もキャストそっくりでした。

外装は普通車なので、キャストよりもしっかりしていると思いますが、乗ってみると、後部座席は3人も乗れるのでとても広く感じました。

キャストは、中に乗ってみたところ、内部は広いですが、荷物を置く場所がほとんどありませんでした。その分、座席が広いという印象です。そして、モーダはいままでのパッソというイメージを払拭するような面構えをしており、
今まで女性向けの小型の普通車というイメージがあったのですが、男性でも乗れるカッコいいイメージに一新していました。

ネットでは賛否両論されておりますが、今は大きすぎてガソリンを食う車よりも小ぶりの軽で燃費が良い(性能が良い)ほうが環境にもお財布にも優しいです。卓上で文句ばかり書いてる人に実際に乗ってくださいと言いたいくらいです。乗り心地も良く、静かで、ハンドルも軽くて運転しやすいです。

また、ミニを真似しているというような意見もありますが、ほかの車だって何かの真似をして進化し続けてきたところがあるので、一概にミニを真似しているわけではなく、おしゃれな外装を考えるうちにあのスタイルになってカラーバリエも増えたのだと思います。

選べていろんなカスタムができるところも面白いので気に入っています。全く同じものはめったに出来上がらないと思います。いま新車は1か月半待ち。新車が届くのがすごく楽しみです。

自動車の維持費は想像した以上にかかります

自動車は時間を選ばずにどこへ行くのにも利便性が高い乗り物ではありますが、利便性が高い分コンビニエンスストアのように、色々と高くつきますね。地方ですと、自動車は必需品である存在ですが、維持費を幾らでも安くする手段はあるのです。自動車に乗る事が好きで週末ドライブが趣味な人は、維持費は必要経費と捉えるとができますね。しかし、自動車を運転する事が得意でなかったり面倒な人にとっては、維持費が高くつきます。

自動車の維持費は、自賠責保険料・車検代・自動車税・任意保険料・ガソリン代・タイヤなどの消耗品代・駐車場代(マンションやアパートに住んでいる場合)と、年間に換算しますと、車種や排気量によっても変わって来ますが、年間30~40万円の維持費が毎年かかるのです。

30~40万と言えば、国内旅行数回分相当、そしてあこがれの海外旅行も行ける金額が毎年のようにかかりますね。維持費の抑えるポイントは、電車などの公共交通機関が整っていて比較的本数が多いマイナーな駅の沿線沿いに住むのが効果的です。

実際に、私も自動車の維持費が高くて悩んでた時期がありまして、とても生活に辛かったことがあります。貯金をしたいという想いもありましたので、段階的に自動車依存から脱却するために、自転車を購入しました。結果としては、その効果はとても大きくて、元々小さい時から自転車に乗るのが好きだったのもあるせいか、一石二鳥の効果ありでした。

自転車を購入した時期は、東日本大震災が起きた年の2011年9月でした。自転車を購入してから、自動車の使用する頻度はめっきりと少なくなりましたし、当時住んでいた所は幹線道路が近いので自動車の渋滞は日常茶飯事でした。実際に、住んでいた街では日用品の買い物などに要する時間は自転車を購入したら途端に短縮されましたね。自転車を購入して5年経過していますが、今も元気に動きます。

現在住んでいる所は、その前に住んでいた所よりも、飲食店が少ないなどの欠点もありますが、自転車があるおかげで、最寄りの駅まで5分程度と短縮されましたし、職場にも近くなったので、天気が良い時はその自転車で通勤しています。

自転車を保有してからは、自動車に殆ど乗らなくなりましたので、段階的に実家に自動車を移動させましたが、自動車がなくても生活ができネールと言うマーのが実証できましたので、最終的には手放しました。

自動車を手放した後でも、特段生活には困っていません。自動車の維持費を安くしたいならば、持たないという事も選択筋に入るのではないののでしょうか?

私のダイハツミラはナンパカー?

私は2012年からダイハツミラのシルバーに乗っています。この車には本当にたくさんの思い出があります。

その一つとしてドライブデートに いろいろなタイプの女性を乗せたことがあるからです。最近は広島県安佐南区の26歳の女性を乗せました。車がもし生き物だとしたら「あんさん いったいどんだけいろいろな女性乗せてんねん!」と鋭いツッコミがきそうです。

今の車で 東西南北あちこち遠方に行きまくりました。特に今年は広島市街?山口県錦帯橋や島根県日御碕など日帰りの強行軍コースに付き合ってくれて本当に感謝ですダイハツミラ。

また、昨年はタイミングベルト交換しないといけないが、金銭的に余裕がなくて あえて車には乗らず自転車で移動することが多く そんなにミラに乗りませんでした。でも今年はタイミングベルトを交換し、再びミラを乗り回しました。

ミラがあるからこそ昨年11月から今年の6月末までの玉島乙島の車でじゃないと大苦戦する仕事場れ行けたのは確かです。もしも車のタイミングベルト直さず自転車しかし使わなかったら 仕事の前に体力的にダメージ受けた状態で働かないといけなかったと思います。

ミラに備えているカーオーディオ、CDが普通に再生できるデッキですし、今旬の曲を中心にミラのダッシュボードに乗せております。音楽聴きながらの車の運転はすごく気持ち良いです。それこそ自転車や原付にはない魅力です。

今のミラにすごく感謝してるので自分の車に関して願いを言います。今後も事故なく安全に乗るので あと10万kは持ちますように。トラブルもなく乗れますように。

現段階で、12万7千ほど走行距離が出てますので、相当乗ったことになります。でも、まだまだ故障とかなくて がっつり乗り回せることを願ってます。車は暑さ寒さ本当に関係なくスイスイ進むことができるので!

トヨタのウィッシュがマイカー もうセダンには戻れない

昨年の2月からトヨタのウイッシュに乗っています。ウイッシュはコンパクトミニバンというカテゴリーに位置する車なのですが、燃費、走破性、居住性をバランスよく飛び入れた車です。7人乗りのミニバンですが、その前も同じようにミニバンに乗っていました。

一度乗ってしまうと、普通のセダンが乗れなくなるように快適性が良いのです。前の車はもう、15年程、乗っており至る所が老朽化、劣化しており、買い換えることにしたのです。新しい車もミニバンというこだわりがありました。

私は5人家族なので、セダンでも問題ないと言えばそれまでなのですが、家族全員で実家に帰省する時は、長距離で5人ギッチリと乗るセダンではキツイのです。そのためにミニバンを使っていたこともあり、次の車も同じようなタイプを購入したいと思っていました。

しかし、ミニバンの場合、高速道路を走る場合、加速性が良くなくストレスが溜まることも事実。そこで目に止まったのが、ウィッシュだったのです。

車高はミニバンの割には低く抑えられており、風の抵抗が少なく結構伸びのある走りを見せてくれます。とは言いつつ、一般的なセダンよりは背が高いので、前方の視認性は良いのです。このことから、ウィッシュに決めました。

残念ながら、ハイブリッド車はなくガソリン車のみですが、燃費はかなりいい結果を出してくれます。高速走行の時はカタログスペックよりもいい燃費となりますので、とても経済的です。ナビシステムも充実していますし、エアバックも運転席、助手席のみならず、サイドも付いていてワングレード高い車と同様のレベルです。

総合的には、とてもコストパフォーマンスの良い車として、平日は家内の生活の足として、休日は日族を乗せてドライブとマルチパーパス的な楽しみ方を応援してくれます。

【ニース~モナコをドライブ】ヨーロッパを車で走ると気持ちがいいです

私は長年ニューヨークに住んでいました。そこで、ニューヨークからヨーロッパに旅行に行くことが多くて、年に4回くらいヨーロッパに行くことがあって、その度にヨーロッパでレンタカーを借りて車で移動するようにしています。ヨーロッパのレンタカーは全部マニュアル車で、アメリカのようにオートマチック車というわけにはいかないのです。

そこで、ニースに行った時にニースの空港のハーツというレンタカー会社で車をピックアップして、そこからモナコまで車で行きました。ニースからモナコまでは2通りの行き方があって、山側の道を通っていくと景色が良くて気持ちがいいのです。ところが山道で、細い道でガードレースもないところなのに、制限速度が80キロだったりしてびっくりしてしまいました。どう考えても80キロで走ることは無理だろうと思うようなところなのです。

昔、モナコのグレース王妃が車の事故で亡くなったことがありますが、確かにそういう事故が起きてもおかしくないような道が続いているのです。私は車の運転には自信があるのですが、それでもあの山道を80キロで走ることは無理だな、と思いました。

ニースからモナコまでの道は狭くて山道がほとんどですが、景色はすごくいいです。地中海を見ることができて、気持ちがいいのですが、地元の人はものすごい速さで車を運転していくので、ほんとうにびっくりです。地元の人は皆がカーレーサーのような感じで、私の車をどんどん追い越していくのです。怖くないのかな、と思いますが、走り慣れているときっと怖くないのだろうな、と思います。景色が良くて走りがいがある道で私はすごく気に入っているのですが、私は慎重に運転して通ることにしています。

高いのに簡単に売れてしまう高級車の条件

車はいつでも必要不可欠な乗り物として、廃れることはありえません。この数年で、車の技術も飛躍的に進化を遂げて、高機能化しています。代表的なことを挙げると、ハイブリット車の普及でしょう。トヨタのプリウスを初め、各自動車メーカーから続々と新モデルが発売されてきています。エコが求められている時代ですから、ハイブリット車の高燃費性は注目されても不思議ではありません。

一方で、ガソリン車もハイブリット車までには追いつきませんが、やはり燃費性能は常に向上しています。また、ドライブアシスト機能を見ても、最新技術が惜しみなく投入されているのが分かります。カメラやセンサーによる自動ブレーキングやオートクルージングも従来の機能から飛躍的に発達しています。この技術は高級車だけでなく、大衆車まで浸透してきているので、驚きです。

しかし、高級車ではそれだけに留まらず、室内空間の居住性、快適性までも高級化しています。 そこには、メーカーの飽くなき追求とこだわりの結果かもしれないのです。

昨年末くらいに発表されたトヨタのヴェルファイア。ミニバンタイプの車ですが、現在、発注をしても納車まで数ヶ月待たなければならないほどの人気車種です。ヴェルファイアは、今回はフルモデルチェンジで2世代目となります。

しかし、この車を購入するオーナーさんは初代のヴェルファイアのオーナーさんと聞くことが少なくありません。初代を乗り始めてから、2年も絶たないうちに今回のモデルを購入するとか。それは初代の下取り価格が、かなり高額なために2代目を購入しても、実質的な自己負担が今のローンを組んでも変わらないということからのようです。

初代もかなりの高級感がある車でしたが、2代目もより進化された仕上がりになっています。グレードの高いモデルになると、かなりの金額になるものの、このような理由から高くても売れているようです。車が単なる移動手段として活用されるだけでなく、アミューズメント性の高い空間で楽しめる新たな暮らしの空間を提供していることも人気の理由の1つなのかもしれません。