自動車の維持費は想像した以上にかかります

自動車は時間を選ばずにどこへ行くのにも利便性が高い乗り物ではありますが、利便性が高い分コンビニエンスストアのように、色々と高くつきますね。地方ですと、自動車は必需品である存在ですが、維持費を幾らでも安くする手段はあるのです。自動車に乗る事が好きで週末ドライブが趣味な人は、維持費は必要経費と捉えるとができますね。しかし、自動車を運転する事が得意でなかったり面倒な人にとっては、維持費が高くつきます。

自動車の維持費は、自賠責保険料・車検代・自動車税・任意保険料・ガソリン代・タイヤなどの消耗品代・駐車場代(マンションやアパートに住んでいる場合)と、年間に換算しますと、車種や排気量によっても変わって来ますが、年間30~40万円の維持費が毎年かかるのです。

30~40万と言えば、国内旅行数回分相当、そしてあこがれの海外旅行も行ける金額が毎年のようにかかりますね。維持費の抑えるポイントは、電車などの公共交通機関が整っていて比較的本数が多いマイナーな駅の沿線沿いに住むのが効果的です。

実際に、私も自動車の維持費が高くて悩んでた時期がありまして、とても生活に辛かったことがあります。貯金をしたいという想いもありましたので、段階的に自動車依存から脱却するために、自転車を購入しました。結果としては、その効果はとても大きくて、元々小さい時から自転車に乗るのが好きだったのもあるせいか、一石二鳥の効果ありでした。

自転車を購入した時期は、東日本大震災が起きた年の2011年9月でした。自転車を購入してから、自動車の使用する頻度はめっきりと少なくなりましたし、当時住んでいた所は幹線道路が近いので自動車の渋滞は日常茶飯事でした。実際に、住んでいた街では日用品の買い物などに要する時間は自転車を購入したら途端に短縮されましたね。自転車を購入して5年経過していますが、今も元気に動きます。

現在住んでいる所は、その前に住んでいた所よりも、飲食店が少ないなどの欠点もありますが、自転車があるおかげで、最寄りの駅まで5分程度と短縮されましたし、職場にも近くなったので、天気が良い時はその自転車で通勤しています。

自転車を保有してからは、自動車に殆ど乗らなくなりましたので、段階的に実家に自動車を移動させましたが、自動車がなくても生活ができネールと言うマーのが実証できましたので、最終的には手放しました。

自動車を手放した後でも、特段生活には困っていません。自動車の維持費を安くしたいならば、持たないという事も選択筋に入るのではないののでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です