新型パッソモーダ 自分なりのカスタムで個性的に

よくみかけるようになった新型のパッソ。ちょうど小ぶりの普通車で、形も大きすぎず小さすぎず、パッソは以前もみたことがあると思ってあまり見向きもしていなかったのですが先日パッソのモーダというグレードをみたとき、衝撃が走りました。

ツートンに至っては少しミニに似たようなスタイルで、とても可愛かったのです。いうなればキャストを普通車にしたような形状なのですが、もともとダイハツが開発した車なので、当然のことながら内装もキャストそっくりでした。

外装は普通車なので、キャストよりもしっかりしていると思いますが、乗ってみると、後部座席は3人も乗れるのでとても広く感じました。

キャストは、中に乗ってみたところ、内部は広いですが、荷物を置く場所がほとんどありませんでした。その分、座席が広いという印象です。そして、モーダはいままでのパッソというイメージを払拭するような面構えをしており、
今まで女性向けの小型の普通車というイメージがあったのですが、男性でも乗れるカッコいいイメージに一新していました。

ネットでは賛否両論されておりますが、今は大きすぎてガソリンを食う車よりも小ぶりの軽で燃費が良い(性能が良い)ほうが環境にもお財布にも優しいです。卓上で文句ばかり書いてる人に実際に乗ってくださいと言いたいくらいです。乗り心地も良く、静かで、ハンドルも軽くて運転しやすいです。

また、ミニを真似しているというような意見もありますが、ほかの車だって何かの真似をして進化し続けてきたところがあるので、一概にミニを真似しているわけではなく、おしゃれな外装を考えるうちにあのスタイルになってカラーバリエも増えたのだと思います。

選べていろんなカスタムができるところも面白いので気に入っています。全く同じものはめったに出来上がらないと思います。いま新車は1か月半待ち。新車が届くのがすごく楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です