これからの車社会と運転操作の関係ついて

今後の車社会は、数年で燃料面と運転操作等の変化に大きな動きあります。燃料面は、ガソリン車からガソリン+電気、100%電気(蓄電)、水素、その他等へ変わる始める。これらは、地球への優しい環境重視である方向へ進み、効率的な内容へ移行する。これは、時代の宿命であると考えます。しかし、車の移動距離の最低範囲は、600km(充電や給油)内であることが、必要であると考えます。更に、その組織と店舗が、全国に展開されることも共に必要です。

又、自動操縦への車も大きく展開されますが、その面は、コンピューター搭載後、かなり変化、進歩している点が、各車メーカー同士でも進化移行へ進むことは、間違いないと考えますが、現実は、まだまだ人間の手足と目での操作で車を操作することです。あくまでも補助的な目的なのか、完全に車のコンピューター操作で動くことを目的にすること重点する考え方へ、大きく傾き始めている。

その理由は、ここ数年に運転士の操作ミスや前方の不注意での事故が、多発しております。更に、高速道路での逆走やスピードでの事故を減少させる為に、これらの操作方法も必要です。そのような状況は、高齢者の運転(敏感な動作減、足首動作の低下)と認知者の運転行為を早期に探し、事故減少すること重要であるし、加害者の責任が、どんどん大きくなりますので、機械で人間のミスをなくすためにも更なる進化をお願いします。この狭い日本で、慌てず、自己本位なく、すずりの精神で行ける運転士の心構えを持ちたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です