私がフォルクスワーゲン・ゴルフを選んだ理由

以前はマツダのアテンザに乗っていたのですが、そろそろ7年落ちにもなり、エンジンの調子もちょっと悪くなってきたいたので、全面メンテナンスするよりは買い替えようということになりました。しかし、じゃあ何に乗り換えるか、という時に、はたと困りました。

「日本車で乗りたい車がない」のです。

日本車のデザインは、プリウスのようにあんまり好きではないくさび型か、ガンダムっぽいいかつい顔か、ファミリー向けワンボックスくらいしかありません。唯一違ったのがレクサス的な高級車でしたが、何だかおじさんが乗りそうな感じで(十分自分もおじさんではありましたが)ちょっと敬遠したい感じでした。

うちのライフスタイルは、夫婦2人でどこかに出かけるのが用途で、デザインとブランドイメージとしては、良いものを買って長く使う、というものです。ですので、時計にしろ、家具にしろ、結局は海外のものを買って、家具などは結婚以来30年近く使っています(それでも全くへたっていません)。ですので、車もそれと同様の選択方針にしたいのですが、先に書いたように日本の車ではそういうイメージや、デザインコンセプトや、ブランドイメージに合うものがないのです。

そこで、輸入車にしようということになりました。候補に挙がったのは、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ルノー・ルーテシア、プジョー、ボルボV40などでした。メルセデス・ベンツのAクラスは何だか「外車のフィット」みたいなので外しました。

これらの候補に1台1台ディーラーを訪問して試乗したところ、一番エンジンにパワーがあって、その加速性能に驚いたのが、フォルクスワーゲン・ゴルフでした。アクセルをつい踏み込みすぎてしまったときに感じた「G」に病みつきになりました。内装も、ドイツの大衆車らしい実直な感じで好感が持てました(あまりラグジュアリーなものも好きではないので)。それで最終的にゴルフを購入し、今乗って3年になりますが、いまだに飽きることはありません。”

新型パッソモーダ 自分なりのカスタムで個性的に

よくみかけるようになった新型のパッソ。ちょうど小ぶりの普通車で、形も大きすぎず小さすぎず、パッソは以前もみたことがあると思ってあまり見向きもしていなかったのですが先日パッソのモーダというグレードをみたとき、衝撃が走りました。

ツートンに至っては少しミニに似たようなスタイルで、とても可愛かったのです。いうなればキャストを普通車にしたような形状なのですが、もともとダイハツが開発した車なので、当然のことながら内装もキャストそっくりでした。

外装は普通車なので、キャストよりもしっかりしていると思いますが、乗ってみると、後部座席は3人も乗れるのでとても広く感じました。

キャストは、中に乗ってみたところ、内部は広いですが、荷物を置く場所がほとんどありませんでした。その分、座席が広いという印象です。そして、モーダはいままでのパッソというイメージを払拭するような面構えをしており、
今まで女性向けの小型の普通車というイメージがあったのですが、男性でも乗れるカッコいいイメージに一新していました。

ネットでは賛否両論されておりますが、今は大きすぎてガソリンを食う車よりも小ぶりの軽で燃費が良い(性能が良い)ほうが環境にもお財布にも優しいです。卓上で文句ばかり書いてる人に実際に乗ってくださいと言いたいくらいです。乗り心地も良く、静かで、ハンドルも軽くて運転しやすいです。

また、ミニを真似しているというような意見もありますが、ほかの車だって何かの真似をして進化し続けてきたところがあるので、一概にミニを真似しているわけではなく、おしゃれな外装を考えるうちにあのスタイルになってカラーバリエも増えたのだと思います。

選べていろんなカスタムができるところも面白いので気に入っています。全く同じものはめったに出来上がらないと思います。いま新車は1か月半待ち。新車が届くのがすごく楽しみです。

高いのに簡単に売れてしまう高級車の条件

車はいつでも必要不可欠な乗り物として、廃れることはありえません。この数年で、車の技術も飛躍的に進化を遂げて、高機能化しています。代表的なことを挙げると、ハイブリット車の普及でしょう。トヨタのプリウスを初め、各自動車メーカーから続々と新モデルが発売されてきています。エコが求められている時代ですから、ハイブリット車の高燃費性は注目されても不思議ではありません。

一方で、ガソリン車もハイブリット車までには追いつきませんが、やはり燃費性能は常に向上しています。また、ドライブアシスト機能を見ても、最新技術が惜しみなく投入されているのが分かります。カメラやセンサーによる自動ブレーキングやオートクルージングも従来の機能から飛躍的に発達しています。この技術は高級車だけでなく、大衆車まで浸透してきているので、驚きです。

しかし、高級車ではそれだけに留まらず、室内空間の居住性、快適性までも高級化しています。 そこには、メーカーの飽くなき追求とこだわりの結果かもしれないのです。

昨年末くらいに発表されたトヨタのヴェルファイア。ミニバンタイプの車ですが、現在、発注をしても納車まで数ヶ月待たなければならないほどの人気車種です。ヴェルファイアは、今回はフルモデルチェンジで2世代目となります。

しかし、この車を購入するオーナーさんは初代のヴェルファイアのオーナーさんと聞くことが少なくありません。初代を乗り始めてから、2年も絶たないうちに今回のモデルを購入するとか。それは初代の下取り価格が、かなり高額なために2代目を購入しても、実質的な自己負担が今のローンを組んでも変わらないということからのようです。

初代もかなりの高級感がある車でしたが、2代目もより進化された仕上がりになっています。グレードの高いモデルになると、かなりの金額になるものの、このような理由から高くても売れているようです。車が単なる移動手段として活用されるだけでなく、アミューズメント性の高い空間で楽しめる新たな暮らしの空間を提供していることも人気の理由の1つなのかもしれません。

メニエールは働き盛りの男性に多い悩み

働き盛りの男性を悩ませる病気の一つにメニエールがあげられます。全く健康に見えますし、特に悪い所があって、直ぐに治療を開始しなければいけない、というような病気らしい病気ではないのですが、眩暈や耳鳴りなど、本人には辛い症状が現れます。もっと働いて痛いのに、という本人の想いと思うままに動かない体にイライラが募り、余計に症状を悪化させてしまいがちな悪循環のパターンにならないように心がけましょう。

体と心は綿密に関係しています。ストレスをためすぎますと、体にも症状として現れます。それは、メニエールだったり、胃酸過多であったりと人それぞれですが、男性は女性よりも我慢しやすい生き方をしている、と言われています。

我慢せずに、ストレスを小出しにして解決していく事を普段から心がけましょう。ストレスをためて、爆発させるのは、とても悪い結果を残します。日ごろから、ストレスは小出しにして、解決していく手段を見に付けましょう。
それは、愚痴を言う、という事から始めても良いのです。愚痴を言わないかっこよい男は、意外にも、ストレスをためて、大きな病につながることもあるのです。

腰痛も、働き盛りの男性に多い悩みの一つです。腰痛と言いましても、椎間板ヘルニア、いわゆるぎっくり腰、等様々なパターンがあります。そして、腰痛の半数以上が、原因不明だと言われているのです。検査をして、どこも悪い所が見つからないけれども、痛い、という感覚が治らない、これが原因不明の腰痛です。腰痛のために、十年以上、一日三食痛み止めを飲んでいる男性も居られます。胃を傷めないように、胃粘膜を保護する薬と一緒に服用できるように、医師から処方してもらうようにしましょう。

勃起不全、これを年齢と割り切るのは辛い

年に数回、ヨーロッパへ仕事で出かけます。ヨーロッパの多くの国には売春禁止法が有りませんから、たまのヨーロッパだし、女性はお人形さんのように可愛いし、料金もリーズナブルだし、安全だしと良いことづくめなので少し遊んできます。しかし、最近、困ったことが起きました。勃起不全、もしくわ中折れの状態が続くのです。60歳の真ん中あたりの年齢というのは微妙です。バリバリ現役の人もいますし、10年以上も女性の肌に触れていないとゆう友人も沢山います。

ヨーロッパだと、そういう状態が起きるのですが日本だと割と元気になってくれます。デリヘルなどは、多少の時間はかかるものの2回発射も可能です。これは西洋コンプレックスみたいなものも影響しているかもしれませんし、ヨーロッパの女性とのセックスは妙に明るくて、情緒が無いことが原因しているのかも知れません。一番、心当たりがあるのは勃起までのプロセスです。デリヘルの女性は全身を舐めつくしてくれます。キスもしてくれます。現状はキスで勃起します。しかも、本番がありません。本番が無いと精神的に安心するのかも知れません。遊びといっても、挿入したら相手を満足させなければいけないという観念があります。でも、デリヘル嬢に対してそういう意識はありません。手コキやフェラでは、こちらがサービスする部分は皆無です。

さて、ヨーロッパでの解決方法ですが、とりあえず思いつくのがバイアグラです。私的には効き過ぎる感があります。ビンとくるのですが、射精した後も勃起したままです。快感もあまり有りません。それでも中折れするよりは良いし、女性を変えて2回戦ということも可能です。とはいえ、やはり達成感はありません。漢方薬のようなもので何か良いものはないでしょうかね。ちなみに、栄養ドリンクの類は、くその役にも立ちません。唯一、多少の効果を感じるのは成分が充実しているからでしょうか。年がいもなくといわれそうですが、もう少しセックスをエンジョイしたいのです。